不貞行為による離婚問題について

パートナーの様子がいつもと違う…調べてみたら浮気していることが確定。
これはいわゆる「不貞行為」と言い、立派な離婚原因になります。
配偶者とは他に性的な関係をもつことはパートナー、または不倫相手に対して慰謝料を請求できることを覚えておきましょう。

しかし、ここで気を付けなくてはいけないのが、「性的な関係」を立証しなければならないということ。
浮気を認めたということは一応の証拠になりますが、後から「浮気はしていない」と言われればそれまでになってしまいます。
例えば、今は携帯電話で録音機能がついています。
それで会話を録音しておく、更にはもう二度と不貞行為をしないことを誓約書に書いてもらうなど。
とにかく証拠を残しておくということが重要です。

そして皆さんが意外と気付かない有効的な証拠は、浮気相手の氏名・住所を記録しておくということ。
誰だかわからない相手と浮気をしたとなれば慰謝料請求はできません。
名前と住所がベストですが、携帯電話の番号や職場でも構いません。

これらの調査は探偵でなくとも弁護士などでも助けてくれるはずです。
相手の情報が明確な程、慰謝料請求が可能になってくるのでぜひ情報収集に励んでみてください。

では肝心の慰謝料は、離婚した場合で200万〜300万円程度。
離婚をしないのであれば、100万〜150万円程度と言うのが大体の相場になります。
離婚をすれば今後の生活費も含まれるので、金額が多いというわけです。

これ以上の金額というのは現実的ではありませんし、もちろん慰謝料をもらう人の収入に酔って変わってくるものです。

離婚問題【親権・養育費】離婚問題【モラハラ】
copyright(C)離婚問題24時
ご利用するために 管理者