性格の不一致という離婚問題について

離婚で必ずと言っていいほど上位に入る離婚理由、それは「性格の不一致」です。
一緒に生活をしてみなければわからないことはたくさんあります。
最初は平穏な結婚生活でしたが生活すればするほど、合わないなと思い始める…というこのケースは珍しくありません。

例えば、強度の潔癖症だった。
親と仲が良すぎて自分の味方になってくれないなど。
決定的に合わないと一度思ってしまえば、それからの修復というのはとても難しいです。
結婚生活を苦痛に感じてしまうと、離婚が頭をよぎるのは納得できます。

しかし、性格の不一致というのは裁判で離婚を求めることはとても難しいです。
言ってしまえば、性格の不一致だけでは離婚は難しいと思っていて下さい。

特にこのケースは、自分が離婚をしたいと言っても全く通じないケースが多いです。
逆を考えてみてください。
自分は何も苦痛を感じていないのに、相手が急に「性格の不一致で離婚したい」と告げられても納得がいきますか?

性格の不一致が原因でで双方が納得して離婚に至ったというケースはまず珍しいです。
これは協議離婚の成立を考えなくてはいけないので、専門家の知識が必要になってくるでしょう。

しかし性格の不一致は分析をして修正することで、離婚を回避できるということも念頭に入れておいてください。
自分や相手のちょっとした努力で、性格の不一致は回避できます。
この回避のアドバイスも、カウンセラーなどで聞いてみるのも良いと思いますよ。

離婚問題【DV(ドメスティックバイオレンス)】
copyright(C)離婚問題24時
ご利用するために 管理者